2010年06月17日

宮崎のために

口蹄疫の出口が見えない状態が続いています。
各地での風評被害を聞いては悲しくなります。

そんな最中で私達も動きを取りづらい日々を過ごしていますが、希望が全くないわけではありません。

リハーサルに取り組むメンバー達や子供達の姿。
その真っ直ぐな姿勢に心打たれる。
何を思い何を感じてるのか・・・

ただ、私に伝わってくるのは「やるんだ!」という内なる声。

特に最近私はピリピリしていた。
もうみんなを引っ張るのも限界かなと感じていた。
今年はいっそ活動を辞めるか・・・真剣に考えていた。

そんな私の心境を知ってか・・・
「諦めません!やります!宮崎を元気にする役に立ちたい!」と私に向かってアピールしているようにさえ見えた。


私の心は決まった。


こんな状況だからこそ、みんなで足並みを揃えて踏ん張らなければいけないんだと。
まずは、感染拡大防止のために消毒を徹底。
練習場所も限られた上、メンバーの移動も最小限に控えるので、私達に十分な時間は残されていない。だから、やれる時に集中してしっかりやる。言い訳を口蹄疫のせいにしない。


私達は宮崎のために踊る!!

痛みを乗り越えたみんなからの熱いエールは、きっとこの宮崎に伝わると信じている。




posted by D.O.C at 16:11| 宮崎 ☁| Comment(7) | 乱翔舞日記〜祭魂な人々〜2010〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の曲を聴いた時、ぐっときました。

先日、踊りのテーマを聞いた時、
思っていた通りだったので、なんの違和感も
感じず、よっしゃ!と気合が入りました。

祈りを込めて踊ることって、確か踊りの
原点ですよね。

なんだか魂がふるえてきます^0^

P.Sテーマを公表しちゃいてないかなぁと思いながら、
書き込んじゃいました・・・
Posted by risa at 2010年06月17日 21:51
初書き込みです。

実は、うちの実家は畜産農家です。
串間で約300頭の牛を飼っています。

いつ南下するかわからない状況。怖くて、直接親に口蹄疫について聞くことは出来ないのですが、親戚伝いに、『朝起きて、牛舎を確認するとき、まず祈ってしまう。何もないことが確認できると、ようやく胸をなでおろすことができる。けど不安なのは解消しない。』とのことでした。

この状況で私は踊ってていいのか?と葛藤するところもありました。

でも、harumi先生の『宮崎のために踊る』っていうのを見て、ガツンときました!!
こういうときこそ、乱翔舞の大ファンである親に、乱翔舞の活躍を見てほしい。時期的に厳しいかもしれないけど、今回の演舞を見てもらいたい!そしてこの状況を乗り越えてほしい!と思いました。

宮崎のみんなに元気を与えるためにも、体めっちゃ硬いし、しなやかな動き出来ないですけど、私なりにがんばりたいと思います。

乱翔舞の皆さん、署名とかタオルとか本当にありがとうございます。この場を借りて、畜産業の娘をしてお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。
このピンチ、絶対乗り越えましょうね!!!
Posted by いなもっちゃん at 2010年06月18日 00:01
risaさん、わかってましたかぁ〜♪
その通りです。
皆さんが同じ思いだと、きっと熱いものが伝わると思っています。ただ踊るだけでなく何かを伝えることも私達の使命ですよね。


いなもっちゃんさん、もう何と言葉をかけてよいか・・・。
そういう素振りを一度も見せなかったじゃないですか(涙)。
読んで泣いちゃいました。ずっと耐えてたのかと思うと。

ご両親に必ず演舞を見てもらいましょう!!
観に来れなかったら私達が行けばいいんです!!

今年は県内どこでも行きますよ。
誰かのためになるんだったらどこでも!!

いろんな気持ち共有していくのが仲間ですから。みんながそばに居るのを忘れないで下さいね。

辛い中、思い切って書き込みして下さり有難うございました。
頑張っていきましょうね☆





Posted by harumi at 2010年06月19日 00:16
もうこれ以上の感染は許さない!
毎日の消毒作業はとても大変。
ましてや梅雨でずっと雨で、消毒が流されてしまう。
でも私も消毒頑張るから、いなもっちゃんのご両親も頑張って!!
「みんな一緒に頑張ってるよ! 頑張ろうね!」って伝えてください!
Posted by hattori at 2010年06月19日 08:39
汗だくになりながらも必死についていこうとする子供たち
練習後はクサクサーでも、ほんっとにキラッキラしていて。
本当に開催されるかわからない状況の中で
前に進むしかない今・・・

それでも一生懸命踊る子供たちをみていると切なくもなりますが、力も湧いてきます。
先頭に立ち、みんなを導いていく先生の苦悩はみんな察していますよ
大丈夫です


踊るメンバーさん。サポーターさん。
伝わりますもん。ひしひしと。

負けない宮崎
乗り越えてみせましょう。
心ひとつに


頑張っていきまっしょい!!!
Posted by ナオ at 2010年06月20日 08:38
久々にコメントです
いなもっちゃんが撮ってくれた♪いなもっちゃんご実家の牛と乃愛との写真今も玄関に飾ってあります

毎日、口蹄疫の問題をテレビで観るたび畜産業の方々の涙のコメント、ゴールが見えない不安、そんな訴えを私は遠くから見守ることしかできません。

宮崎はテゲテゲで、日向時間
でも皆の思いや人柄があの穏やかで心地いい宮崎県を創っているんだと思います。少しでも皆が元気に生活し今の不安が軽減されるよう祈っています
Posted by sanae at 2010年06月24日 14:25
皆さんの熱いコメント有難うございます!!

昨日、20万頭の処分埋却が終わったとニュースで見ました。

20万頭・・・想像ができない数。
失われた多くの尊い命の重さを考えると、素直にホッとできない複雑な気持ちでした。

ただ、少しずつ終息に向かっているのかな?と、かすかながら光が見えてきたように思います。

これからは再生に向かって、また元気な宮崎を取り戻すために頑張っていきたいですね。


Posted by harumi at 2010年06月25日 15:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。