2010年08月23日

不思議の負けなし

えれこまで残すところあと2回くらいしか練習がなくなりました。
たったの2回exclamation&question
だいじょうぶかぁ〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)

時間がありそうでなかった2010の駆け出しに・・・
それが吉と出るか凶とでるか・・・
自分の中の不安がワクワク感より勝るようでは、結果は吉とならず。

弱小なチームを常勝軍団に育て上げてきた名将、N野球監督の言葉。

『負けに不思議の負けなし』

負けには必ず理由があるということなんですねー。
「不思議だよね〜、負けるなんて〜。」ってないということです。

それは個人個人の練習不足か、チームワークの弱さか、指揮をとるものの判断の甘さか、中には不測のアクシデントも起こり得るでしょう、
必ず何か理由があって負ける。なんで負けたかわからない・・・も、ない。

もしそう思うとすれば自信過剰あるいは客観的に自分(自分達)を見ていない、それだけではないでしょうか?

勝つにも絶対の訳がある。
今夏の甲子園で優勝した興南高校、圧倒的に強かったですね〜!!
小さい事からコツコツと粘り強く練習していったそうです。
連日の試合だというのに誰一人として疲れも見せなかったですね。
体力と持久力もさることながら、やはり人の何倍もの練習が勝利に繋がるということが証明されましたね♪


そんなことを考える中、
昨日の合同リハーサルで期待が膨らんだ場面もありましたるんるん

フェッテという技をするメンバーを選抜することになっていました。
もともとの振付からずいぶん変更してのメンバー選抜オーディションを行いました。
バレエの基礎が出来てなければ難しい技にも関わらず、予想以上の出来を披露してくれたジュニアメンバーさん!!
選抜にこんなに悩んだのも久しぶりでした。それくらい上出来でした。

何でもやる気ですね!!
選ばれたいという気迫!!
それがあるかないかで結果は大きく違ってくる。

総合的には表情だとか丁寧さはまだまだですが、メキメキと上達振りを発揮してくれたメンバーさん達に大きな期待を寄せちゃいました揺れるハート

いつかは私のポジションを実力で獲り上げてくれることを心から願う。
早く、私を追い出して欲しい(笑)。
ちょっぴり悲しいけれど、それ以上に大変喜ばしいことだから!!

その時は、あっさり私は負けを認めます。
いつまでもしがみつくほど意固地じゃないですから〜。
ただ、まだ10年くらい先かなぁ〜(笑)わーい(嬉しい顔)

さーて、あとは皆さんの追い上げに期待ぴかぴか(新しい)



posted by D.O.C at 16:49| 宮崎 ☀| Comment(0) | 乱翔舞日記〜祭魂な人々〜2010〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。