2006年04月25日

5級へ挑戦

スケアルンバブルースが5級の種目だ。全く知らない種目・・たらーっ(汗)
「何でもっと早く言ってくれないんだろう・・」
自分の仕事や主婦業の合間を見つけ出し、個人レッスンを受けることにした!はじめての個人レッスンデビューである♪
 
そして、ブルースから・・
先生が女性役のステップをスラスラーっと踊ってみせる。
「スロー、スロー、クイック、クリック・・・」と言いながら。
「なんだそれ?スローはゆっくりで、クリックは早く。意味はわかるけど・・はぁ?」
8拍子カウントで踊ることしか慣れていない私。
「ねぇ、カウントで言ってよ〜〜!!」と叫びたいが、それがルールというか文化というか、キマリ?みたいなもんだからな〜。聞けない・・あせあせ(飛び散る汗)
それでも自分なりに分析して、スローは2カウント、クイックは1カウントだということで解決ーーっグッド(上向き矢印)
「なーんだ・・焦って損した!」

そして、3番まである、ながーい振りを何度か先生が見せてくれて
はいっ、これ」っと。
「はいっ、これって・・????ふらふら長いじゃん、長すぎるじゃん。

私にどうしろと言うんだ、しぇんしぇーっ?」
すると先生がスッと私の前に来て組んでくれた。
「いきなり踊るのか〜、さっきの???勘弁してくれよーっ。」
と言う暇もなくミュージックスタートるんるん
「えぇーーー爆弾あーっ。」
 
すると・・・あれ?ちゃんと踊れてる。
ただスローとクイックを守って、ステップも足を右左と交互に出してるだけ。何も考えなくてもだ。マジックだ!マジック!
・・・それはパートナーが先生だから。
先生がちゃーんと方向づけしてくれて、ちゃーんとリードしてくれてるからだ決定

パートナーあっての社交ダンス
今まで私は一人で踊るダンスしかしていないし、組んでもリフトとかで、踊ること自体をリードされるってことを経験していなかったのだ。
全部覚えなくても男性のリード次第で踊れることも知った!!
だから慌てて早く練習する必要ないってことなのか?
5級って初心者コースだしね・・。
でも、男性は大変だよ、責任重大だ・・と感心ハートたち(複数ハート)
 
ただ途中どうしても、私の自分で覚える癖が邪魔して、時々先生の足と喧嘩することしばしば・・。その途端、「あっ、すみません」と下を向いては、先生の胸に頭突き一発パンチ
「ホントにすみません」だ!!
踏んだり蹴ったりの先生。啄木鳥(きつつき)になってる私。
でも、単調なステップばかりではない。
どうしても中盤の「チェック」という、そこら辺のステップがうまく理解できない。ちょっと複雑で、回転していったりする。
 
そうして個人レッスンは私の都合上、2回しか受けられず、時間にすると1時間で、一度もブルースは完璧に踊ることなくテストの日になったあせあせ(飛び散る汗)
 
無謀・・

つづく。


この記事へのコメント
頑張ってくださいね(^-^)/携帯からちょくちょく見ています
Posted by のべおかん at 2006年04月26日 12:14
うわぁ〜、ありがとうございます。知らない方からも応援メッセージ頂けるって、なんか「電車男」改め「踊る女」みたいで嬉しい〜♪
「頑張りマース!!」って・・もうすぐまたテストがやってくるんだー(汗)。
Posted by Harumi at 2006年04月26日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。