2006年10月06日

2級テストの日

今回はラテンの【パソ・ド・ブレ】しか受けれなかったふらふら
なぜなら時間的余裕が全くなかったので、中途半端なまま、スタンダードの【クイックステップ】を受けたくなかった。だから、【パソ】だけにした。
 
いつも通り練習する時間に、同じ級を受ける人達の踊りを見る機会もある。
でも一緒のを受けるはずなのに、何か違う気がしてならないあせあせ(飛び散る汗)
ステップは合ってる・・・でも微妙に何かが違う。
不安になって先生に聞いてみた。すると、
「身体の使い方ひとつで違ったものに見えたりするんよね。」だと・・・。
・・・なーるほど・ザ・ワールドわーい(嬉しい顔)
確かに上半身の動きがある人と無い人では全然違って見える目
動いてる人は、アクションが大きく見え派手な感じがするぴかぴか(新しい)
ついつい目がいく人の踊りって、身体全身でオーラを発して踊ってる人だ!!
ステップだけ無難にこなしても合格、ステップ以上に人を惹きつける踊りをしても同じ合格なら、私は後者を取りたい。
 
それに今回は力強い【パソ】ときたっ!!よーし、やったる。
で、順番がやってきましたダッシュ(走り出すさま)
先生と鼻息ブンブンな私は中央へサッサと出まして、いざ!オーレるんるん
先生も気合が入ってる。なんかいつもよりリードが強いがく〜(落胆した顔)
「私はマントだ!マント!!ヒラヒラと優雅に・・・。」
でも、先生のリードに合わせるとだんだん私の動きも激しくなり・・・
やっぱり牛!?になってる?たらーっ(汗)もしかして・・・。
 
あんまり興奮して踊ったもんだから最後の足上げのところ反対上げちゃった爆弾
「あっがく〜(落胆した顔)・・・ここで上げ直したら間違いに気付かれるあせあせ(飛び散る汗)このまましとこう(汗)」と、とりあえず「間違ってませんよー」的スマイルでごまかした。ハハハ♪
「あー、疲れたーバッド(下向き矢印)結構カロリー使ったなー。」

すべてのテストが終わり、審査員をしてた先生が私のところにやってきた。
「良かったわよー、元気がよくて!!」
「・・・・(しばらく意味を考えた)」
・・・あのう、それって褒められてるんでしょうか?
やっぱり私の踊りはマントでなく牛だったんでしょうかexclamation&question
元気な牛っていう意味ですよね?


posted by D.O.C at 11:01| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Shall we dance〜プロへの挑戦〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。