2012年09月30日

「あなたの目を見てインスピレーションで言葉を書きます」
そんなキャッチフレーズに惹かれ、友人が主催する、西山嘉克さんとおっしゃる方を招いての「書き下ろし」イベントに行ってきました。
西山さんのブログはこちら→http://ameblo.jp/yoshiyan-diary/

目を見て、インスピレーションだけでメッセージを書いてくれるなんて・・・
とてつもなく興味を持ったのですぴかぴか(新しい)

会場に入ると、懐かしく澄んだ空気で包まれているような、そんな癒しの空間がありました。
友人に会い、「何を書いてもらいたい?」の質問に、何も考えてなかったのでどうしようか悩んでいたら、「まずは自分の名前にしたら?」で、そうしました。

私の順番がきて、先生の前に座り、自分の名前だけ書いた紙を手渡しました。
先生はチラッと名前を見ただけでIPodを操作し始め、選曲が決まったのか、静かなBGMが流れ始めました。
BGMが5秒くらい流れてたところで、「え?なんで?なんで涙があふれる???」
すると先生が、手を合わせ目を閉じ一呼吸入れたかと思うと「目を見せてもらってよろしいですか?」と。
この時点で涙が出てる目を見せるなんて〜、ついでに鼻水も出てるし〜・・・と、恥ずかしく思いながらも先生と目を合わせる。


すると、一気に先生がスルスルスルーっと書き始めて出来上がったのがコレです。DSC01984.JPG
『凛と美しく
輝き続けてゆけるのは
治実がトコトントコトン
自分自身に正直に歩んでいるから。
トコトントコトン
納得いくまで歩んでいるから。
この歩み どこまでも。』

私から何を感じ何が見えたのか・・・
とても不思議ですが、ただその言葉を見ただけでとめどなく流れる涙。
もったいないくらいの有難いお言葉です。

そして、おまけに書いてくれた私へのメッセージはコレでした。DSC01985.JPG
『これが私の選んだ道。胸を張ってゆけばそれでよし。』

ホントに鳥肌です!!

私の前に書かれていた方それぞれでメッセージは違っていました。
それにも感心してたのですが、こうも自分自身にピッタリくるメッセージを頂けるとは・・・。

「出会ってくれて本当に本当にありがとう」
先生は別れ際に、そう言って書を手渡してくれました。
言葉にならない感謝の気持ちが私の中で溢れた。
自分という一人の人間を知ってもらうのに、自分から口数多く語る必要はないんだ・・・。
今回の出来事をきっかけに、更に勇気を頂き自信を持つことが出来ました。
これからは自分の名前に生き様という魂を吹き込んでいきたい!!
人生は選択の連続。
これから先に待ち受ける選択という試練も、自分が正しいと思った方向を胸を張って歩んでいこうと強い決意が生まれた一日でした。

皆さんにも素晴らしく個性ある名前があって、その名前にふさわしい『道』がちゃんとあるんでしょうね。

自分の気持ちに正直に歩めば、きっと見つけられるはずだと信じています。

『道』



posted by D.O.C at 23:52| 宮崎 ☀| Comment(2) | Harumi’s Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごうぃ!
浄化ですねぇ
いいなあ

せっかく教えていただいたのに
子供らが喘息を発症したため
行けませんでしたぁ〜
ざんねん

また、次の機会があること
を願ってまーす。

Posted by risa at 2012年10月03日 00:48
risaさん、次回は是非行かれてください。
「浄化」されますよ〜。

「気づき」そして「感謝」。
自分と向き合えますし、温かい気持ちになれます。

Posted by harumi at 2012年10月03日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。