2013年05月28日

マジっすか賞

息子の中学校の中間テスト結果が返ってきました。
その結果と共に息子が頂いた「マジっすか賞」ぴかぴか(新しい)
何かと思ったら、学年150人余りの内15番内に入った子供達に、クラス担任の先生から贈られた賞だそうです。

嬉しかったのは、息子がというより、うちでダンスを習っているメンバーさんと元メンバーさん合わせて3人が同じクラスなのですが、その3人がそれに入っていたことです!!素晴らしいですねぴかぴか(新しい)
勉強や部活、習い事などの両立は出来るということを見事に証明してくれました♪

息子の担任の先生もまた素晴らしく熱血な女性の保体の先生です。
私の自宅は、その学校の武道場が目の前にあり、そこでその先生が指導する体育の時間が、まぁ〜楽しいというか面白いというか、熱血ぶりに感心させられたり笑えたり、でも「人として!」大事なことを、時には厳しく時にはわかりやすく教えてくれる先生・・・こんな先生に出逢えて幸せだな〜と思います。

そんな先生のオラオラぶりに乗せられた息子(笑)は学級委員長に立候補exclamationしてしまい、日々委員長としての仕事に奮闘中。プレッシャーで目が泳いでいる息子が目に浮かぶようです(笑)。

先生から出されるクラス通信からも愛情が伝わってきます。
何十人といるクラスの中の一人一人にしっかり向き合い、叱咤激励しつつも立派な社会人となるための基本を指導して下さっているコメントには脱帽です。「なぜ勉強しなきゃならないのか?」「なぜ我慢しなきゃならないのか?」・・・それはすべて、子供達の未来が掛かっているからなんですよね。夢を叶えるためには我慢が必要です。甘い誘惑と楽な方に逃げていては夢など達成できないということ。その先生の訓えを子供達がしっかり理解し受け止めた結果だったのではないかと思います。

ダンスもそうですね。
キツくてつまらない基本レッスンの積み重ねが一番大事だということは言うまでもありません。

ウサギとカメの話のように一歩一歩着実にゴールを目指す。
ゴールしたカメがうさぎに言った言葉って知ってますか?
「ウサギさんってやっぱり早いね〜。ウサギさんってスゴイよ!」
・・・勝ったからといって「お前が途中で昼寝するからさ」なんて言葉をかけるでもなく高飛車になるのでもなく、うさぎを賞賛するカメ。
素晴らしいと思いませんか?そんなカメのような人になって欲しいですね。

ところで、テスト結果が出た翌日。
安心したのか何なのか、しっかり寝坊して遅刻寸前だった息子どんっ(衝撃)
気を抜いたところでウサギと同じハメになることに・・・
ちーんたらーっ(汗)



posted by D.O.C at 16:15| 宮崎 ☔| Comment(0) | Harumi’s Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。