2007年08月10日

ブロンズ級に挑戦

先日の日曜日は、県社交ダンス協会のテスト&パーティーに出席♪
毎年恒例のこの行事。いつもながら祭りに挟まれてて、ろくに練習できずに無謀な挑戦を続ける私・・・。それも右手にはまだテーピング巻いてたらーっ(汗)
 
今年は盆地祭りが1週ずれたので少しは気持ちに余裕はあったものの、受ける級はどんどん難しくなり、今回もやっとルーティンを覚えたてでの挑戦。だから練習の時は案の定間違える始末パンチ
 
とりあえず5級から1級までは基礎を覚えればいいけど、それから上になるとバリエーションといって、うちらのダンス用語で言えばコンビネーションでしょうか?だから複雑きわまりないっ!!
それも今回はルンバという、しっとりと色気のある種目。
踊りは好きなんだけどねー、祭り三昧な日々の中だと「気合だーっ!」のノリが抜けないわけ。何を踊っても勇敢な踊りになっちゃうわけ。ゲロゲローもうやだ〜(悲しい顔)
 
で、とにかくこれは成りきり戦法を使うしかない!と思いきや、テスト中はステップを上手く踊ることはあまり考えず、愛のダンスを舞ってみようとキスマーク
目線・動き・身体全体でパートナーを誘うように踊ってみた・・・つもりexclamation&question
肝心な時にはこういう能力を発揮できない私ですが(笑)・・・踊りとなるとなりきれる変な自分がいる。

すると、拍手喝采ぴかぴか(新しい)え?マジで!?ぽか〜ん。嬉ピ♪
おかげさまで無事合格しました〜☆
 

ダンスってホント奥が深い。
他のダンスもそうだけど、ステップや技を磨いていかないといけないのは当たり前。
だけど社交ダンスの場合は種目がたくさんある。踊り方も違うし、ルーツも違う。種目別に合った踊り方も要求される。ただステップ通り踊れば良いってもんじゃない。頭も踊り方も切り替える能力を必要とされるし、魅力ある踊り方をしなくてはコンテストでは上位にいけない。これは大変勉強になるるんるん
日常生活でも場面場面において切り替えられる自分をつくる訓練にもなるとグッド(上向き矢印)
以外なところで自分自身の成長につながっているのねー。経験は何事も無駄はないと改めて思いました。
 

その後コンテストがあり、これも毎年恒例で出場しているんですが・・・
ルンバとチャチャチャを連続で踊ったけど、横にデカいカップルが居て、動きをかなり妨げられちゃったーどんっ(衝撃)
ぶつかるし踏まれるし手は伸びないし顔はぶたれるしで・・・結果、優秀賞は頂いたものの、最優秀賞は初めて逃した。くーっむかっ(怒り)悔しい・・・。

ここでも勉強になりましたよ。
デカカップルの横では踊るな!!と。存在感も薄くなるしね。

これこそまさに踊る格闘技!!だよねー。技だけでは勝てない。
しっとりと愛のダンスを踊るふりして心の中では相手を倒すことを考えてるたらーっ(汗)
この世界には、よさこいよりも気合の入りまくった踊り手が大勢居る!!
華やかな衣装をまとった素敵な笑顔の妖精は、実は般若(はんにゃ)だったーっ!!って感じでしょうか?おじーがく〜(落胆した顔)
が、そうならざるを得ないこの世界。私も同じ仲間なんだよなぁ。


posted by D.O.C at 13:45| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Shall we dance〜プロへの挑戦〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。