2008年03月22日

起承転結

ダラダラと風邪を引きずってます。
年々治りが悪くなってるのは気のせいでしょうか?
かと思えば急に歯が痛くなり、あわてて歯医者に駆け込みダッシュ(走り出すさま)それが落ち着くと腰が砕ける痛みがあり・・・今まで精神力で耐えてきたガタが一度に「あーっ!もうダメーっ!」って出た感じです。

でもレッスンを前に自然と悪かった体調も少し改善してくる。加えてテンションも上がってくるのよねグッド(上向き矢印)コレは不思議。好きな事ってやっぱり苦にならないんですよね♪
DOC立ち上げて8年近く、体調が悪くてレッスンをキャンセルしたって事は一度も無いかな?病歴の多い私にとってはこれはミラクルですぴかぴか(新しい)
たぶん気合の入り方が違ったのも?それにストレスもダンスで発散できてるのでプラスだったのかもしれません。『病は気から』・・・ですね!!

さて、昨夜の延岡レッスンは大変充実したものになりました。
女性講師陣が勢ぞろい!!「何が始まるの?」って思ったでしょうね?
いえいえ、何も無いですよ。
Sanae先生がわざわざ出向いてお別れレッスンをして下さるというので自然と揃っただけです♪

だいたい発表会など大きなイベント後は、脱力感や燃え尽き感が漂うものですが、昨日は違いました。いつもと違う雰囲気にピリッと緊張した感じが良かったですねるんるん

私達指導側もそういうモチベーションに皆さんを誘導出来るよう努力しなきゃならないわけで・・・通常のレッスンでもそうなんですよねー。
マンネリしちゃいけない、つまらなくてもいけない。楽しいだけでもいけない、ちゃんと厳しい訓練だってしなきゃならない。
そのメリハリをつけながらレッスンしていくのは、短時間ですが相当な神経を使います。しかしそれが私達の責任であり使命でございます♪

物語には『起承転結』があるように、レッスンの流れでもそうです。
発表会や公演などでもそういう流れで構成しています。
人生もそうかな?何事にも流れやリズムはあるものですね♪
それに添うのが一番自然な形なのかもしれませんね。

Sanae先生のレッスンを終え、別れを惜しむメンバーさん達。
その後、私達講師陣はお茶をしながらミーティング!?
といっても、ほとんど中身は笑い話で終わっちゃったか(笑)。
そうなんでよねー。真面目にミーティングした試しあまり無いなっふらふら
私の性格がこんなだからねー。
いろんな問題起きても「えーっ!?ゲラゲラゲラ・・・。きたーっ!ワハハハハ!!」って笑ってるのが私とSanae先生だったムード
でもちゃんと問題解決には真剣に取り組むんですけどね。
それを苦としない二人だから、ここまで乗り越えてこられたのかもしれません。

それをこれからポストSanaeになる講師陣達にも引き継いでもらいましょう!!
「先生!なに余裕かましてんですかっ!?むかっ(怒り)笑ってる場合じゃないですよ!!」って反対に私が怒られるかもexclamation&questionです・・・。
頼もしい講師陣たちに期待が膨らむ私でした!!

さぁ、ひとつの流れの終わり、『結』が近づいてます。
4月から始まる新年度は、また『起』が始まりますね?
今度はどんな『起承転結』なストーリーが待ち受けているか楽しみなようで怖いような・・・「不安と期待のやじろべ〜ぇ♪不安な方にはアッカンベ〜ぇ♪(爛漫の歌より)」ですねかわいい



posted by D.O.C at 12:14| 宮崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。